市民のための人権大学院 じんけんSCHOLA(すこら)

2017年8月~12月<第8期> JR大阪駅前で開講!

K.北朝鮮による日本人拉致問題再考

by j-schola on

park pic mono

北朝鮮による日本人拉致問題再考

2017年10月7日(土) 15:30-17:30 
大阪市立大学 文化交流センター 大セミナー室

朴 一<パク・イル> (大阪市立大学)

2002年、日朝首脳会談で北朝鮮が日本人拉致を認め、日本政府に謝罪してから15年が経過しました。
その後、一部の拉致被害者は帰国したものの、日朝交渉は幾度も挫折し、拉致問題の解決は暗礁に乗り上げています。
そもそも拉致問題はなぜ起こったのか。
北朝鮮は日朝交渉で拉致問題解決のバーターに何を求めているのか。
どうすれば拉致問題は解決するのか。
拉致問題がマスコミで報道されてから35年の間にわかった情報を整理しながら、拉致問題への真実に迫りたいと思います。

 
 
park pic mono
■講師プロフィール
・大阪市立大学大学院 教授
・研究テーマ:朝鮮半島の政治と経済、日韓・日朝関係論
 
■おもな著書、論文など
・『韓国NIES化の苦悩』同文館
・『アジアNIES』世界思想社
・『在日という生き方』講談社メチエ
・『転換期のアジア経済を学ぶ人のために』世界思想社
・『朝鮮半島を見る眼』藤原書店
・『「在日コリアン」ってなんでんねん?』 講談社+α新書
・『僕たちのヒーローはみんな在日だった』講談社
・『日本人と韓国人 「タテマエ」と「ホンネ」 -「韓流知日」を阻むもの-』講談社
・『『マンガ嫌韓流』のここがデタラメ―まじめな反論 不毛な「嫌韓」「反日」に終止符を!対話と協力で平和を!! 』コモンズ、共著

僕たちのヒーローは
 
 
会場:大阪市立大学文化交流センター(大阪駅前第2ビル6階)
   
受講会費:受講料は1回1,500円です。学生・院生は500円、高校生以下は無料。
 
申込:パンフレットに添付の「申込用紙」をファックスするか、メールでお申し込みください。
メールの場合は、受講を希望する講座名と、受講者の氏名、所属、電話番号、郵便物送付先を記入してください。

メールアドレス jinken.schola@gmail.com

申込後に、郵便振替で受講料をお振り込みください。これで申込完了です。振込み手数料はご負担ください。振込を確認した後、受領書を郵送します。
振り込み後の返金はいたしませんので、ご了承ください。他講座への振替受講は、事前にご連絡いただければ可能です。

・郵便振替 00900-0-254830 市民のための人権大学院運営協議会
・ゆうちょ銀行 店名四一八(店番418)普通 口座番号:1113880