市民のための人権大学院 じんけんSCHOLA(すこら)

2019年8月~12月<第10期> JR大阪駅前で開講!今年はC講座はリバティおおさかでします。

■2019(第10期)プログラムについて

by j-schola on


「市民のための人権大学院・じんけんSCHOLA」は今年で10年目となります。
関西における人権問題研究者が中心となり、諸団体・機関のご協力をうけて発足した「じんけんSCHOLA」は、とくに当初、行政の変化を受けて後退しがちだった人権をテーマとした教育・啓発を後押しする新たな拠点となり、受講者は毎年増えつづけ、事態を打開する一つの重要な要因となることができました。
一昨年からは、障害者差別やヘイトスピーチ、部落差別などを解消するための法律や条令ができはじめ、人権問題全体に新たな可能性が見え始めてきました。さらに今年は、朝鮮半島をめぐる情勢が大きく変わる可能性が残されています。
「戦争は最大の人権侵害」です。この間の戦争への危機感が生んできたものは、様々な目に見えにくい人権侵害でした。今年は、それが好転する歴史的な年となることに期待を込めたいと思います。
そうした情勢を反映して、今年の講座は、後退しがちだった諸課題を前向きに変えていこうとする意欲あふれるものなりました。シンポジウムやフィールドワークも積極的に企画しています。皆さまのご聴講と、いっそうのご協力・ご支援をお願いする次第です。

受講会費:1回1,500円。 *かならず事前にお振り込みください。
・学生・院生は500円、高校生以下は無料。
・福島原発事故による避難者は無料です。
・F講座は受講会費は無料ですが、資料代が500円です
・フィールドワークは2,500円(学生・院生1,000円) *指定講座の受講が必須!

会場は、JR大阪駅前の大阪市立大学 文化交流センター(大阪駅前第2ビル6階)

C講座はリバティおおさかでします

受講申込は、ファックスまたはメールでお願いします。
・ファックス 06-7878-6064
・メール jinken.schola@gmail.com