I1~I2 「LGBT 教育」をどう進めていくか

by j-schola on

石元 清英(関西大学名誉教授)

セクシュアル・マイノリティたちが強く感じる生きづらさは、決して本人たちのせいではなく、社会の無理解や偏見がもたらすものです。小中学校や高校で、正しい情報をほとんど持たないまま、自分が何者であるのか、自分の仲間がどこにいるのかもわからず、孤立し、悩んでいる児童・生徒がいます。「LGBT教育」は、社会の無理解や偏見をなくすとともに、当事者児童・生徒へのエンパワーメントにつながるものです。本講座ではセクシュアル・マイノリティの多様なありようを理解し、「LGBT教育」の進め方について考えます。

  

第1回 性教育の意義と課題

  ~ 同性愛について考える

10月11日()15:30~17:30

   

   

第2回 性の多様性教育

  ~ トランスジェンダー、インターセックスについて考える

10月18日()15:30~17:30