G インターネットと現代的差別意識

by j-schola on

辻 大介(大阪大学)

9月27日()13:00~15:00

現代における差別意識には、民族的・性的なマイノリティを単に劣等視するのではなく、むしろ差別を過剰に言い立てることで被差別者側のほうが有利な立場を得ているとみなすような、転倒した「被害者意識」をもつレイシズム・セクシズムが現れている。ネット利用は、こうした現代的レイシズム・セクシズムを助長する面がある。このことを、昨年講師が実施した全国調査データの分析から確認したうえで、受講生とともに、現代的な差別意識に対処するための有効な方策を探りたい。